一般市民向け 医療機器体験イベント開催報告

こんにちは。香川県担当の前田です。

 

香川県では初めて『臨床工学技士認知度up』を目的に『一般市民向け医療機器体験イベント』を行いましたので

報告します。

開催日時は下記のとおりです。

日時:2016.年10月23日(日) 10:00~16:00

場所:高松シンボルタワー デックスガレリア

 

当日は、少々曇りの天候でしたが、秋のさわやかな気候の中、瀬戸内国際芸術祭やサンポート高松の他イベントが開催されており、周辺は親子連れや学生などで賑わっていました。

 

組織・Yボード委員会のメンバーを中心に準備を行い、徳島文理大学と四国医療福祉専門学校の臨床工学学科の学生応援の協力も得て、イベント開催しました。

dsc00014

dsc00015

 

①生体情報モニター②AED、DC③人工呼吸器④人工心肺 ⑤透析装置⑥電気メス⑦記念撮影⑧アンケート  のブースを設置し、来場者の方々に興味のあるブースに立ち寄ってもらい、それぞれ担当者が説明しながら機器にも触れてもらいました。

dsc00020

①生体情報モニター ブース

 

 

dsc00050

②AED、DC ブース

 

 

img_1245

③人工呼吸器 ブース

 

 

dsc00058

④人工心肺ブース

 

img_1243

⑤透析装置 ブース

 

 

dsc00036

⑥電気メス ブース

 

来場者の方々から

「病院で使っている機械、普段見ることできないからね~。」とか「臨床工学技士の資格も初めて知った。」

などと、実際の声も聞くことができました。

 

記念撮影コーナーでは、実際に白衣やスクラブを羽織ってもらい、日本臨床工学技士会マスコットキャラクターの『シープリン』と一緒に写真撮影しました。羊をモチーフにしたシープリンは大きくて、子供たちにも大人気で喜んでくれていました。

img_1262

img_1267

人の流れも滞ることもなく、たくさんの方々に来ていただき、無事に終えることができました。1回目の開催で手探りの中でしたが、来場者の方々の反応も良かったし、喜んでくれたのも良かったです。なにより主目的である臨床工学技士の認知度アップにもなったと思います。また、今回のイベントでの経験を活かして第2回目も開催できればと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

徳島県若手委員会 新規企画情報

こんにちは。3海ネット管理人のうっち~です。

前に徳島県の若手活動を一部ご紹介しましたが、

今回は続報をお知らせします。

 

今年度は私自身もちょっと忙しくなりつつ、恥ずかしいことに

なかなかまとまった活動が出来ずにいます。

 

・・・しかし!!継続は力なり!!どないかせんといかん!!!

ということで、現在、こんな独特な勉強会企画を検討中です。

 

%e8%87%a8%e5%ba%8a%e5%b7%a5%e5%ad%a6%e6%8a%80%e5%a3%ab%e3%81%ae%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%83%bb%e3%81%a7%e3%81%8d%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%93%e3%81%a8

↑ ①『臨床工学技士のできること・できないこと』

 

臨床工学技士の業務内容はここ数年で変わりつつあります。

(皆さんは働いていて、最近仕事が増えている、と感じた事はないですか?)

 

事実、昭和63年9月14日付で通知されていた臨床工学技士の業務指針は、

平成22年10月10日に「基本業務指針」、「業務別業務指針」という形で

改正されました。

ついこの間も新しい「業務別業務指針」である「内視鏡業務指針」が

日本臨床工学技士会HPに公開されたばかりです。

 

そんな時代の移り変わりに、私達、若い世代は

今からついていかないといけません。

自分たちの未来のためにも一度皆で考えてみるのはアリだと思ってます。

 

%e8%87%a8%e5%ba%8a%e7%a0%94%e7%a9%b6%e3%81%a8%e3%81%af%ef%bc%9f

↑ ②『臨床研究とは? ~どうやって進めるの?~』

以前、徳島県では「PCスキルUPに関する勉強会」を実施しました。

・・・が、PCスキルがUPしただけでは研究はやっていけないのです。

 

経験のある人は分かるかもしれませんが、今の時代、

病院での研究に関する扱いは、ものすごくシビアになりつつあります。

個人的には、一時期世間を賑わせた『理研』の報道があった辺りから、

特に厳しくなったような気がしていますが・・・

実際、私の所属病院でも研究開始・発表までにどのような手順を踏むか、

「臨床研究を開始する場合の流れ」が細かくまとめられています。

 

最近では学会のシンポジウムなどで類似した内容を目にしますが、

現地に行くのはなかなか大変。

せっかくだから近場で聞ければお得感があるかな?とか思ってます。

 

こんな感じで思いつくままに進めているため、

詳細な開催日程は未定ですが、実は他にもいくつか準備中の企画を

溜め込んでたりします。

なので今後、実現できたものから結果を踏まえてお知らせするつもりです。

これからも地元貢献しながら頑張ります!!!

 

【追伸】

以前告知した「臨床工学技士についてのリーフレット」ですが、

ようやく最終段階に入りました。

ご要望頂いている皆様にはご迷惑おかけしていますが、

今しばらくお待ち下さい。

こうなってくると、運用開始とどちらが早いか分からないですが、

どんなものか知りたい人は

12/3(土)12/4(日)に高知で行われる第6回中四国臨床工学会内の

徳島県臨床工学技士会の発表を聞いてみて下さい。

(一部ですがリーフレットの中身が出てくるので。)

福岡県・山口県合同サマーキャンプの報告

こんにちは山口県担当の重政です。

山口県の若手委員の活動としては、夏のサマーキャンプと春のリレーマラソンが主な活動と成っています。

今月の10日11日に福岡県との合同サマーキャンプを行いましたので報告します。

3056146

日時:9月10日(土)14:10~9月11日9:00

場所:福岡県田川郡の大任町自然の森キャンプ場

9月10日(土)

14:10~    受付

14:30~16:30 勉強会「震災から考える対策と課題」

16:50~19:00 自由行動&バーベキュー準備

19:00~     バーベキュー

 

9月11日(日)

7:00~9:00  朝食&モーニングカンファ

解散

 

今回は取り掛かりが遅く成った為広報があまり出来なかった事も有り、参加者は少なめの19名(山口8名・福岡11名)でした。

まずは震災対策について3グループに分かれて実行委員が考えた状況設定に沿って話し合いまとめてもらい、一度発表して貰った後に、福岡県臨床工学技士会の安全・災害対策委員の福岡徳洲会病院の小畠先生に災害対策・震災時の対応について講義があり、その後一度発表して貰ったものに編集を加えて再度発表して貰いました。

【状況設定1】

午前透析患者透析中(約2時間経過時のAM11:00)震度6強の地震発生。これから本震が来るとの情報あり。災害時の対応(患者指導)を検討する。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【状況設定2】

午前透析患者透析中(約2時間経過時のAM11:00)震度6強の地震発生。これから本震が来るとの情報あり。災害後の対応(患者を逃し受け入れ施設への連絡)を検討する。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【状況設定3】

開胸or開腹の患者の手術中(約2時間経過時のAM11:00)震度6強の発生。これから本震が来るとの情報あり。災害時の対応を検討する。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小畠先生の話のポイントとしては、災害マニュアルは被災状況はその度に変化するのであまり役に立たない。チェック表を作成し何を行うかを決めておくことは有効だと言う事。透析関係で有れば日本透析医会の災害ネットワークに流すが、行政に連絡が入るのは厚労省だけなので、EMIS(広域災害救急医療システム)へ情報を流すことにより全省庁に情報が流れる。しかし、透析患者は対象外なのが課題。例えば、日本透析医会に情報を流せばEMISにも情報が流れる様なシステム作りをする必要がある。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後始めたバーベキューではベテラン、新人交え楽しく語らいあいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝はおいしいカレーライスを食べて解散です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

image1

次回は山口県下関市の角島大浜海水浴場の予定です。

来年は、中四国の会員の皆様にも参加して戴けるように早めに案内が投稿出来る様に準備したいと思っています。

臨床工学技士体験イベント「本気で病院ごっこしよう!2016」開催のご報告

こんにちは。岡山県担当の佐々木です。

 

先日行った臨床工学技士体験イベント「本気で病院ごっこしよう!2016」の開催報告をします。

岡山県では臨床工学技士のお仕事を多くの皆さまに知ってもらいたいという目的で2011年より定期的に開催しています。

今年は8月7日(日曜日)に昨年と同会場であるライフパーク倉敷市民学習センターをお借りしてイベントを実施しました。

体験内容は、

・写真撮影
・手術室ブース
・血液浄化ブース
・呼吸治療ブース
・内視鏡外科ブース
・AEDブース

を行いました。

夏休みとあって多くの子どもたちに病院ごっこに足を運んで頂き1日を通して224人の方々に体験頂くことが出来ました。

最初はスタッフの方も表情が硬く、子どもたちも何をするのか分からず不安そうな顔がありましたが、

徐々に慣れてきて最後には笑顔で体験している姿を見てとても良かったと感じました。

スタッフも子どもたちの笑顔を見て臨床工学技士の素晴らしさを再認識してくれたのではないでしょうか。

 

今後も臨床工学技士の発展のため様々なイベントを開催していきたいと思います。

スライド1IMG_3450 IMG_3446 IMG_3440 IMG_3435 IMG_3433 IMG_3430

中四国地区の若手活動報告 【徳島県編】

こんにちは。3海ネット管理人のうっち~です。

 

3海ネットはまだ出来たばかりで、正直、中四国地区の若手がどんなことをしているのか、

みてくれている人達の中でも分からない事の方が多いと思います。

 

そこで今回は第1弾として、私の所属している徳島県での若手CEの動きをご紹介します。

 

徳島県臨床工学技士会若手委員会は若い技士同士の『横のつながり』を大切にして、

『いい意味で気を使わずに活動できる環境づくり』に取り組んでいます。

 

企画も若い感性を活かしたものが多く、

2015年度は『PCスキルUP』に関する勉強会を開催しました。

内容はExcelやPowerPointの基本的な使い方についてです。

 PCタイトル2

PC勉強会画像

 

スマホに慣れているせいか、PCを使った作業が苦手と感じている若い人は

少なくないようでした。

(デジタル社会になっている現在の環境を考えると、正直ちょっと意外でした。)

 

現在は、臨床工学技士という資格自体をもっと一般の人達にも知ってもらえるように、

臨床工学技士というものが簡単に分かる、県オリジナルのリーフレットを作成しています。

リーフレット表紙  ←こんな感じのもの

 

近々、徳島県臨床工学技士会を通して皆さんに発信できると思いますので、

私達の頑張りを是非見てやって下さい。

 

 

以上、簡単に我が故郷での活動をご紹介しましたが、

今後、他の県の若手委員の活動も適時UPしていく予定です。

是非そちらもお楽しみに。

(早く知りたい人は「各県の活動報告」リンクを覗いてみて下さいね。)

 

第6回中四国臨床工学会のお知らせ

第6回中四国臨床工学会が2016/12/3(土)、12/4(日)に高知県で行われます。

(詳細は一番下の画像をクリック)

 

今回のテーマは『臨床工学力 ~challenge to next~』。

臨床工学に関わる様々な「チカラ」を改めて考える良い機会です。

若い技士の方々には「これから挑戦していくチカラ」があります。

こういった学会に参加することは、自らを知り、大海を知る絶好の機会だと思いますので、

参加できる人は是非参加してみて下さい。

(ちなみに既に演題登録もスタートしていますので、そちらも確認してみてくださいね。)

 

第6回中四国臨床工学会のお知らせ

第26回日本臨床工学会に関するお知らせ

5/14(土)5/15(日)に第26回日本臨床工学会が開催されます。

この学会内で3海ネットとしては、昨年11月(第5回中四国臨床工学会の時)に行った『メルマガ「わいぼーど」登録ブース』についての活動報告発表を行います。

5/14(土)ポスター形式で掲示します。

会場:京都国際会館 アネックスホール

発表時間:14:20 ~ 15:26

興味ある人は覗いてみて下さいね。

 

また、このブースに関しては、全国的にも類をみない取り組みであったようで、日本臨床工学技士会組織委員会の方々にも高評価を頂いているようです。実際に、今回の学会内でも同じようにブースを設置する事が決まっています。中四国の皆で取り組んだことが全国に広まっていくのはすごくいいことですよね。

こちらも時間のある人は是非立ち寄ってみてくださいね。

第26回日本臨床工学会ポスター  3海ネットの取り組み(見出し)

メルマガわいぼーど登録ブースの お知らせ

来る第5回中四国臨床工学会(11/21、11/22)において、日本臨床工学会発信のメルマガ『わいぼーど』の登録ブースを設置する予定です。

「メルマガわいぼーど」とは・・・

月に1回程度配信されるメールマガジンです。

内容は、日本臨床工学会からのお知らせや各都道府県Y-ボード(若手委員会)活動について、学術セミナーのお知らせ、などなど、臨床工学技士に関する 最新の情報を発信しています。

購読無料♪ 登録方法も簡単♪

資格を持っていなくても誰でも登録可能です♪

 

興味のある人、また、これから臨床工学技士を目指そうとしている人、

この機会にぜひご登録を(^o^)/

(登録したいけど当日会場にいけないという人は、

日本臨床工学会HPからも登録できるので、下の画像をチェックしてね。)

わいぼーどポスター

第5回中四国臨床工学会のお知らせ

2015/11/21(土)22(日)に広島国際会議場にて

第5回中四国臨床工学会が開催されます。

(詳細は学会HPをご参照ください。)

本学会にて中四国若手委員会は

『中四国地区、各県における若手委員の活動報告』を行います。

(11/22(日)15:20~、第3会場にて発表予定。)

興味を持たれた方は是非ご参加ください。

よろしくお願いします。

若手委員会活動報告タイトル

第3回山口県・福岡県合同サマーキャンプの案内

サマーキャンプの案内

お疲れ様です。山口県担当の重政です。

中四国臨床工学会でも報告して来ましたサマーキャンプの参加募集を、昨日より開始いたしました。中四国九州地区の 若手の結束力を高めるいい機会だと思いますので、時間が合いましたら参加お願いします。 宿泊するバンガローの関係で40人で募集を締め切りますので、山口県の募集ページよりお早めに参加登録お願いします。(福岡県の募集ページからのジャンプもできます。)

参加費は勉強会のみ・・・無料

バーベキュー以降・・・4000円です。

別にシャワー代その他1000円弱かかります。